FC2ブログ
Loading…

#398.白いドレスベストの話 最終話

Posted by KINN Tailor on 23.2019 礼服の話   0 comments   0 trackback
 引き続きドレスベストの作成工程を解説します。
 今回は、襟付けから仕上げまでです。
 一般的なベストにも襟を付ける事はありますが、ドレスベストの襟は少し
違っています。ドレスベストは前が大きく開いている為、襟が長く釦の
すぐ上まである
のが特徴です。

ドレスベスト3**

 一番左が襟ですが、この「バチ型」は襟の下の幅が広い為、裏を始末する
時に、釦に掛からないようにしなければなりません。
 イラストの返り線から右側が表に出る・・襟になる部分ですので、こちらを
先に仕上げます。それを身頃に載せ、見返しを折り、(写真右のように)鋭角
に折り曲げて
始末します。

 それでは、襟付けから仕上げまでの工程をご覧下さい。

4)襟を付ける
 ⑩表地に裏地を重ね、襟を縫います。
 ⑪襟を身頃に載せ、仮止めします。
白V10-11

5)裏の始末をする
 ⑫見返しを返し、余分な裏地をカットします。
 ⑬見返しを折って、まつります。
 ⑭襟が付きました。バチ型は一番下の所をループで身頃に止めます。
白V12-14

6)釦を付ける準備をする
 ⑮ドレスベストの釦は、取り外しができるように特殊な形をしています。
  釦の裏側にリングが付いている為、それが当たらないように比翼を
  付けます。
 ⑯釦用に丸いホールを開けて、かがります。
 ⑰比翼の内側は写真右のようになっています。
白V15-17

7)完成させる
 ⑱下前側に釦が付きました。
 ⑲上前側はいつもと同じ釦ホールを開けます。
 ⑳背中を付けて、完成です。
白V18-20

 今回は写真が少なく、後半は駆け足での解説になってしまいましたが、
 ドレスベストは襟と釦に特徴がありますので、そこをご覧頂ければ…
と思いました。

     *   *   *   *   *   *

 さて、早いもので今年(2019年)もあと僅かとなりました。
 今年もブログをお読み頂きまして、ありがとうございました。
 どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さい。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR