FC2ブログ
Loading…

#381.新しい裁断法によるパンツ その五

Posted by KINN Tailor on 29.2019 裁断の話   0 comments   0 trackback
 いよいよ、製作工程をお見せします。
 今回使用する生地は、フォックス社の細かい千鳥格子柄の生地です。

①まず、生地にキズがないかを確認する
新裁断パンツ5-1
・生地を広げ・・・
・キズの有無を見ます。


②次に切り口、生地のゆがみを見る
新裁断パンツ5-2
・切り口が真っ直ぐかどう確認します。
・切り口を揃えます(今回は綺麗に切り揃えられていた)。
・耳を揃えます。 
*テーブルの端などを利用し、耳をできるだけ真っ直ぐな状態にして揃えます。


③ゆがみが出たら、生地を広げ直し下の生地を手で均しながらたたみ直す
新裁断パンツ5-3
・下側の生地を手で均す → ゆがみが小さくなる
・小さなゆがみは生地を引いて直します。
*この程度のゆがみの場合は、生地を斜めに軽く引くと直る場合が多いです。


④パターンを置いて地の目を通す
新裁断パンツ5-4
・先に、腰帯分取ります。
・前身頃の地の目を通します。


⑤前身頃のチョークを引く
新裁断パンツ5-5
・裾の折り返し分を確保します。
・チョークを入れます。
*チョークが入りました。


⑥修正する
新裁断パンツ5-6
・2.5cm計り、前身頃を小さくします。
・小股が小さくなった分、チャックの端がギリギリまで来ます。


 この続きは次回に・・・

〈つづく〉
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR