FC2ブログ
Loading…

#366.土筆ヶ岡養生園 最終話

Posted by KINN Tailor on 24.2018 懐かしい話   0 comments   0 trackback
 養生園を退院した後は、週に1回、主治医の先生の診察日に園へ通う事に
なりました。
 体調に変化はありませんでしたので、毎回同じような検査をするだけでし
たが、入院中に知り合った患者さんや看護婦さん達とまた話ができるのが、
とても楽しみでした。長く入院していましたから、退院できた喜びよりも、
知り合った人達と別れる方が辛い気持ちもあり、再会するたびに懐かしく思
いました。

 一番気掛かりだったのは、退院する時に置いて来た犬の事でした。
 戦時中という事もあり、犬を家に連れて帰る事はできなかったので、まだ
入院している患者さん達に託す形になりましたが、私の顔を見ると飛んで
来て尻尾を振りながら嬉しそう(?)にしてくれるので、犬はこんなに可愛
いものなのだな(それまで犬を飼った事はなかった)…と思ったものです。

 その後数か月は毎月園へ通いましたが、有難い事に体調は良かったため、
徐々に回数も減っていきました。その内に、療養のために御殿場へ行く事と
なり、園の人達とは手紙で状況を報告し合うようになりました。その文通も、
戦争が激しくなったために止めざるを得ず、そのまま連絡が取れなくなって
しまいました。
 75年以上も前の事ですが、ふと「戦争がなかったら、あの人達と連絡を
取り続けていたか?」とか「戦時中じゃなかったら、あの犬はどうしただ
ろう?」…などと思う事があります。
 今回、このブログを書いた事で、園内の様子や看護婦さんのあだ名など
色々と思い出す事ができて、ちょっと楽しい思いをしました。

 余談になりますが・・・
 最初にも書きましたが、私が入院する事になったきっかけは、中学の体育
の授業・・つまり教練ができなかったため、担任から「暫く入院しなさい」
と言われた訳です。その際の扱いは「休学」でした。
 ところが暫くすると学校から親が呼び出され、「戻る時には休学だった
条件で戻すので、とりあえず扱いを一旦"退学"にする」と言われたのです。
 本当の理由はわかりませんが、私が思うに…当時は中学生も立派な動員力
だった訳で、学校側としては、その"学徒動員"として現在何名在籍している
かを国(軍?)に報告しなければならず、私のようにいつ戻れるかハッキリ
しない者は数に入れたくなかった…のではないでしょうか。。。

 今とは違い、学校側から言われた事に反論できるような時代ではなかった
ので、黙って受け入れざるを得ませんでした。
 日本という国では…戦後73年経った今でも、このような妙な数合わせ的な
隠ぺい
が、残念ながら無くなっていない気がします。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR