Loading…

#359.脚が捻れている場合の製図

Posted by KINN Tailor on 11.2018 製図の話   0 comments   0 trackback
 今回は、O脚に加え "脚が捩れている" 場合の、製図方法とアイロン操作に
ついて説明します。
 「脚の捻れ」は2パターンあります。真っ直ぐに立った時、つま先が内側
を向く「TOE IN」と、外側を向く「TOE OUT」です。
捻れ イラスト1**

 つま先がどの位内側(or外側)に入っているか…をメジャーで計る必要は
ありませんが、採寸の際に大体の見当をつけておきます。
 製図の際には、まず普通の状態(脚が曲がっていない状態)の製図をし、
次につま先が本来の位置からずれている分の修正をします。

捻れ イラスト2**

 イラストからもわかるように、「TOE IN」の場合は前身頃は裾が内側
身頃は裾が外側
に振れるようにします(TOE OUTの場合はこの逆の修正
をする)。つまりパンツの中心線がつま先の向きに合うようにする…という
事になります。

 これにアイロンワークを加え修正していく訳ですが、アイロンをしないと、
ただ裾が内側に捻れているパンツになってしまい、脚が真っ直ぐに見えま
せん。
 前身頃は全体が内側に回るようにアイロンを掛けます。後身頃は、採寸
の際に計った「ふくらはぎの位置」を中心に行うようにします。
 TOE INの場合、ふくらはぎが外側に出ているので、ふくらはぎの所を内
側に追い込み
全体は外側に回るようにアイロンを掛けます。
 TOE OUTの場合は、この逆になりますので、前身頃全体は外側後身頃
全体は内側に回る
ようにアイロンを掛けます。
 ふくらはぎは内側に入って来て目立たなくなりますので、アイロン操作の
必要は特にありません。
捻れ イラスト3**

 私塾の生徒さんで、O脚で悩んでいた人がこの方法で製図してみたところ、
パンツが綺麗に落ちて脚が真っ直ぐに見えるようになった…と、大変驚いて
いました。機会のある方はぜひお試し下さい。


  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR