FC2ブログ
Loading…

#356.リーロイドの生地

Posted by KINN Tailor on 23.2018 生地の話   0 comments   0 trackback
 私が金洋服店の社員として仕事を始めた頃(1950年頃)、店があった港区
の辺りには洋服屋を営んでいる家が比較的多くありました。
 そこで、個々で生地を買うよりはまとめて買った方が値引きをしてもらえる
・・・という理由から「購入組合」なるものを作って、年に2~3回仕入れをす
るようになりました。
 その第一回目の時に、私も父について神田の生地屋さんに行きました。今
では生地見本(バンチ)で選ぶのが当たり前になっていますが、当時はまだ
バンチはなく、現物の生地か大き目にカットされたその見本を見て選ぶよう
になっていました。その中にとても魅力的な生地があったので、父と相談し
て注文する事に決めたところ、店の主任が「実はその生地は、これからウチ
で売り出して行きたいと思っているメーカーの物なので、是非沢山買って下
さい!
」と言われました。それが「リーロイド(Learoyd)社」の生地だった
のです。
リーロイド社**

 リーロイド社について、簡単お話ししますと・・・
 英国で1800年代の初め頃から「産業革命」が起こり、蒸気機関を使った
工場があちらこちらにでき始めました。服飾業界においては、主に生地の
表面の汚れを落としたり、整えたりするような大型の機械が発達し、飛躍
的に生産技術が向上
していったようです。

機械1** 機械2**
◇技術向上、生産力向上のために次々に新しい機械が開発された

 英国のウエストヨークシャーの南西部にハダスフィールド(Huddersfield)
という場所があります。英国生地の聖地とも呼ばれている場所ですが、18
22年
ウィリアム・リーロイドがここに毛織物工場を作り、高級な生地を
作る事を目的として仕事を始めました。
 仕事は上手くいったようで、1800年代の終わり頃にはかなり大きな会社
になっていたようです。
ハダスフィールド**

 私がリーロイドの生地を特に気に入った理由は、手で触った時の感触が
とても良かった
事です。生地自体はそんなに厚くないのに、しっかりしてい
…という印象でした。かなりの出来を期待して仕立ててみましたが、結果
としては「しっかりしていながら、しっとりと身体にフィットする」という、
私の予想を遥かに超えた素晴らしい仕上がりでした。加えて色味や柄が綺麗
な事も、お客様に人気があった理由です。

 話をリーロイド社に戻します。
 1900年代に入ると、ジョージ国王マリー女王が(後にはエリザベス女王
も)リーロイド社を訪問され、その評価は世界中のバイヤーの注目を集める
事となりました。
 1964年には、高級ウールを使用した世界で最高価格の生地を発表する
など業界に話題を提供していましたが、1970年後半になると業界の競争
激化のもとコスト削減を求められ経営が厳しくなり、数社との共同生産を
始めるようになります。そして1994年には工場が火災に遭う!という惨事
により、ついには閉鎖となってしまうのです。

 リーロイド社がなくなってしまった事は大変残念なのですが、うちと付き
合いのある生地屋さんが、自身で年に数回英国へ行き、ストックとして残
っている生地を探して
来てくれます。
 そのお陰で、今でもこの素晴らしい生地を使う事ができるのです。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR