FC2ブログ
Loading…

#347.色替わりの服

Posted by KINN Tailor on 25.2017 生地の話   0 comments   0 trackback
 先週、お客様の服をご覧いただきました。
 サンクロスの色替わりのスーツを仕立てられた訳ですが…2色あると、
ベストを色替わりにしたりして楽しむ事ができます。

 色替わりのベストは礼服だけでなく、普段の三つ揃いスーツでも良く見受
けられます。では、他の組み合わせはどうでしょうか・・・?。

 ジャケットにジーンズ、ベストといったカジュアルな服装ではなく、スーツ
という視点からみてみますと、ジャケットとベストを同色で作り、パンツを
色替わりにする
…という例はたくさん見ます。しかし、パンツとベストを同
色で作って色替わりのジャケットを着る
、という組み合わせはあまり見かけ
ません。英国などではこの組み合わせは良く見かけるのですが、面白い事
に日本ではとても少ないようです。
 三つ揃いスーツを注文された際に、替えのパンツを別の生地で作っておく
・・・という感覚からパンツだけ色替わりにする方が多いのか?…と言うと、
確かにそういう方もいらっしゃいますが、それだけが理由ではないような気
がします。
 ある人の説によると、ベストは普通背の部分を裏地で作るので表生地は前
身分だけで良く、パンツとベストだけを作ると、生地が半端に余るから好まれ
ないのだ…という事ですが、さて・・・?

 〈インレイ〉
インレイ**


 先日、Academyの生徒さんたちと忘年会をしました。
 急に決まった事もあって少人数の会になりましたが、一人一人とゆっくり
話をする事ができて、大変有意義な時間を過ごせました。

忘年会**

 お店を選んで下さった方、幹事を引き受けて下さった方にお礼申し上げます。


      *   *   *   *   *   *


 さて、今年も早いもので、あと僅かとなりました。
 今年もブログをお読み頂きましてありがとうございます。来年も、ネタが
続く限り作成していきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

 この冬はいつになく寒さが厳しいようです。皆様くれぐれもお身体を大切
に、良いお年をお迎えください。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR