Loading…

#344.特殊な体形について その九

Posted by KINN Tailor on 13.2017 製図の話   0 comments   0 trackback
 今週は、前身頃の製図について説明します。

 後身頃のB、W、H、L線をそれぞれ延長して、次のように製図します。
 
図A

・後身B~1=B/2 D=Bからブレード寸法(アームホール前の位置)
・4=Bから胸囲1/2  5=4から5cm(前身頃の前中心)
・21=胸幅D~5の中心 23=腹幅20~22の中心
・23~21を結び延長線上にDから前肩寸法を計りNPを描く
・NP~24=前身肩幅

 この製図は、この方の左側の前身頃になります。これに右側の修正を加え
ていきます。

 後身頃は、背中心線の歪みもありましたので、別々に製図をしましたが、
前身頃はこの左前の製図に(下図のように)修正を加えるだけで済みました。

図B
 まず、右胸が左よりも2.5cm下がっていますので、B線をB‘まで下げ、ポイント1、
Dも1’、D‘に移動させます。そこからNPを計りますので、NP‘はNPよりも2.5cm低く
なり、肩のラインも下がり、顎ぐりは短くなります。
 ここで注意すべき事は、肩の高さや顎ぐりが左右で極端に違っていても、
ラペルは前から見た時に左右同じ高さでなければなりません。その為には、
襟の製図でも調整が必要になります。その製図がこちらです。
図C
 このように、襟は左右別々に製図をします。
 アイロンワークの際には、右襟が短いので、クセを取るのが少々大変に
なります。

 実際の型紙です。右と左の顎ぐりのラインも微妙に違っています。
襟1

襟2


〈つづく〉
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR