Loading…

#321.スポーツジャケットの仕立て その十七

Posted by KINN Tailor on 27.2017 ジャケットの話   0 comments   0 trackback
 今回は、前回の続き…脇入れの始末肩入れについて解説します。

①脇の裏地を止める
1脇の裏地止め
・前身の裏地を地縫い糸で止めた後、背中の裏地を載せて止めます。
・脇の縫目に躾糸が入れてありますので、そこに合わせて背中側の裏地を
 折って止めます。


②肩パッドを準備する
2肩パッドの準備
・アイロンで背中側のパッドを手で引っ張りながらクセを取ります。
・続いて前側も同じようにクセを取ります。

2肩パッドの準備2
・パッドの内側に指を入れ、真ん中が高くなるようにアイロンをかけます。
・パッドのクセが取れました。


③パッドを据える
3パッド据え
・身頃の肩の位置を、芯に書きます。
・パッドを芯に止めて行きます。私は躾糸で粗い八刺しで止めています。

3パッド据え2
・パッドが芯に付きましたら、裏地を被せて表身頃も含めて躾で止めます。

④肩をイセ込む
4肩をイセ込む
・まず前身頃の肩の長さを計ります。
・後身頃の肩の長さも計り、イセ込む量を決めます。
・躾糸を後身頃に入れます。

4肩をイセ込む2
・糸を引きながら長さを確認し、丁度良い長さで糸を止めます。

⑤アイロンをかける
5アイロンかけ
・鉄台の丸い所を利用して、イセ込んだ箇所にアイロンをかけます。
・何度か位置をずらしながら、イセ込みが自然と馴染むようにします。


 このブログをはじめ、製図の本などでも説明をしていますが、日本人は
前肩の人が圧倒的に多いため、この肩を多めにイセ込む事が大切です。
 イセ込む量を多くして、尚且つ綺麗な肩に仕上げるコツは、今回説明した
アイロンワークにあります。鉄台を利用して背の部分が綺麗に膨らみ、肩線
が前肩になるよう
にすると上手くいきます。

 では、この続きは次回。

〈つづく〉

  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR