Loading…

#281.縦縞の裁断 最終話

Posted by KINN Tailor on 30.2016 裁断の話   0 comments   0 trackback
 皆さんご存じの通り、パンツは前身頃後身頃に別れています。縞模様
どこに通すか…という問題ですが、前身頃は中心線の所に通します。

 では後身頃はどうかと言いますと、これは作る人の好みによって変わって
来ます。
 裁断や縫製をされた事がない方は、裁断後のパンツの後身頃の生地を見る
と少し驚かれるかも知れません。それは前身頃に比べるととても幅が広く、
尻くりが大きく(多分思っているよりも…)見えるからです。
 考えてみると後身頃はお尻やふくらはぎなどをカバーする訳ですからその
分大きくなって然るべきですが、裁断をする際には「どこに縞を通す」のか
「布地の用尺」という 2つの要素を考慮しなければなりません。
 後身頃の場合は、前身頃のように中心線に縞を通す必要はありませんし、
私共の技術標語に「パンツはなるべくタテ(縦)にホンジ(本地)を通せ」
というのがあるように、パンツの外側の縫い目(タテ)に生地の縦地の目
(ホンジ)を通す
のが通例なのです。
 外側の縫い目に地の目を通すと、後身頃の中心線と内側の縫目は少し斜め
になりますが、その方がやや伸び易くなるので履き心地は良くなります。
これは縦縞の出方を考えても効果的で、後身頃の中心線や内側の線はあまり
目立ちませんが、外の縫い目近くに縦の縞が通っていれば、足が真っ直ぐ
綺麗に見える効果があります。

イラスト後身頃**

 ここ3回にわたり縦縞の裁断について話して来ました。ごく一般的に見かけ
る細い縞の生地の場合は、今回迄の「縦縞を通す箇所」に注意すれば良いの
ですが、太目の線で間隔の広い縞となると…気を付けなければならない点が
別に出て来ます。

縞の生地

 写真のような縞は生地の状態でもかなりインパクトがありますが、この手
の柄を選ばれる場合、スリーピースの事が多いので縞の出方に気を付けない
とスッキリ見えません。
 特に気を付けたいのは、ジャケットの釦を止めた時にベストの縞がジャケ
ットと同じ位置に通っているか
…という事です。私はこのような難しい縞柄
の場合は、まずベストの縞の位置を先に決めておいてからジャケットをそれ
に合わせて裁つ
ようにしています。
 ベストはジャケットとは違い釦が縦に4~5個並ぶ訳ですから、ジャケット
よりも前の直線の距離が長くなります。また釦を外して着る事はありません
から、ベストの縞の位置が全てに影響してきます。
 まず縞をどこに通すか…ですが、ベストもジャケットも端のぎりぎりの所
に縞が来ないよう
にします。端に縞があるのが悪いという訳ではありません
が、あまりぎりぎりで縞が欠けてしまうような事は避けなければなりません。
 また人間の体には厚みがありますから、体にくっついているベストはその
影響を受け易く、前の合わせの所は少し膨らむ事も考えられますので、縞の
先に地色の布が少し出るよう
にします。この写真の縞の間隔は2cmですから、
縞から3mm位を端にしてベストを裁ち、それに合わせてジャケットも裁てば
綺麗に揃います。
 細い間隔の縞ですと生地を多目に取る必要はありませんが、写真の生地の
ような場合は、大体1割増し位多目に生地を取るようにしています。また格子
や変わった柄の場合も大目に生地を準備するようにしています。
 その生地の余裕が精神的に影響するのか…?はわかりませんが、落ち着い
て裁断をする事ができ、結果的に綺麗な服に仕上がるような気がするのです。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR