Loading…

#224.仕事の勉強の思い出 その十〜見返しを返す〜

Posted by KINN Tailor on 30.2015 修業時代の話   0 comments   0 trackback
 見返しを裁断した後は、これを前身頃に縫い合わせて返す訳ですが、これ
で前身の形が決まってしまうので、一番大切な作業と言って良いと思います。
ところが、この見返しを"返す"という作業は、思ったよりずっと難しい作業
でした。

 まず前回ご説明したように、見返し側のボタンの位置(ラペルの下端)の
所がカーブして長くなっているのを、真直ぐ押し込むようにしなければなら
ず・・・これが何とかできるようになったと思ったら、次はラペルの角(上
の端)の形を出す
のが、またまた大変だったのです。
 つまり図のように、幅と長さの両方に緩みが必要で、この加減を掴むのに
とても苦労しました。

見返し返し**

 当時の先生方が業界の技術誌などに「縫製のコツ」と称して、このラペル
の角の扱いについても載せておられましたので、それも読んで勉強しました。
 それによると「生地が返って来る(→つまり表側にする)には、生地の厚
さの3.14倍
(つまり円周率)のゆとりが必要で、角の所は角を挟んで両側に
そのゆとり量がいります」と書いてありました。
 理論としては確かにその通りなのでしょうが、ではどうやって生地の厚さ
を計ったらいいのか?
…我々はノギスなんか使いませんし、どうしたらいい
のか散々悩みました。生地の厚さはミリ単位というよりはそれ以下の場合が
多いですし、その3.14倍を計ってチョークで書く・・・なんていうのは現実
的なやり方とはとても思えません。
 悩んだ末、もう取り敢えずやってみるしかない!…と思い、角の所に生地
を溜めて縫って返してみたところ、用心し過ぎたのか生地が多過ぎてしまい
角の部分に生地溜まりができてしまいました。「これはいかん!」と思い、
縫った所を解いてゆとり量を減らしてやってみると、今度は少な過ぎて反り
返ってしまいました。
 何度も何度もやり直しをして、「あぁ上手くいった」と思って先に進んで
から見てみると、今度は表側にあまりジワが出てしまい、またやり直し…と
いうのを何度も経験しました。
 この余りジワが出る…というのには生地の厚さによって影響されるもので、
私が勉強していた当時は、冬物と夏物とでは生地の厚さが今以上に差があり
ましたから、冬物で上手くいっても夏物になると失敗する…という事が多々
ありました。
 特に剣襟には苦労させられました。それでも何度も失敗している内にコツ
を理解するというか…自然にできるようになる訳です。だんだん上手くなる
角の所を指先で摘んだ感覚で見当がつくようになるのですから、人間の手
は大したものだと思うのです。

 勉強していた頃は、この見返しがすんなり綺麗に返り、さらに身頃の形が
左右対称に揃う
と、何となくもう上着ができてしまったような安心感を得ま
したが、その後には更なる試練が待ってるのでした・・・。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR