Loading…

#57.今年を振り返って

Posted by KINN Tailor on 26.2011 仕事の話   3 comments   0 trackback
 今年もあと僅かとなりました。おそらくは日本中の人々が、本年を特別な年と
して記憶される事と思われます。私も同様に悲痛な想いを共有しています。
 今回は、この一年の自分の「仕事」について振り返り、感想を綴ってみたいと
思います。

 比較的大きな出来事として、3つ程思い返してみました。まず一つ目はセミナー
についての話です。
 一昨年から私共(金洋服店)主催で、定期的にセミナーを開催してきましたが、
今年は「弥生会」からお声掛け頂き、「弥生会」のセミナーに"講師"として呼ん
で頂きました。
 4月~6月まで3回のセミナーを行いましたが、参加者が毎回200名を超える程
規模の大きなものでした。
 先方のご要望もあり、アイロンワークプルダウンの方法など実技を交えて行
いましたが、受講者の方々から多くの反応を頂き、有意義な時間を過ごすことが
できました。
 最終回には三笠宮寛仁親王殿下から礼服一式をお借りし、礼装についての講義
を行いましたが、燕尾服をはじめ帽子や靴など、普段なかなか目にする事のでき
ない物もありましたので、皆さん大変熱心に見入られていました。
 今は何事も簡略化する傾向が強く、礼服を着たり・見たりする機会がめっぽう
減ってしまいましたが、礼服を着ることで身が引き締まる…というか一種独特の
気持になり、日常との差別化ができますので、若い方を中心に着る機会が増えて
くれたら良いと思います。

 2つ目に印象的な出来事が、私共のプレタポルテ=『Equality』を始められた
事です。
 このブログとホームページだけの告知・宣伝でしたが、私共が当初考えていた
よりも多くのお客様にお越し頂き、着心地の点で大変高い評価を頂きました。
 来年もまた新しい試みを加えながら、Equalityを成長させていきたいと考えて
います。

 そして3つ目は…(手前味噌ですが)久しぶりに旅行に行ったことです。
 ここ数年旅行もせず仕事ばかりしていましたが、テレビで「出羽の山菜そば」
のことを放送していたのを見て、何となく出羽の事を調べてみたのがきっかけと
なりました。
 すると…今年は卯年なので出羽山が御縁年にあたり、参拝をするのに良い年だ
とという事がわかりました。そこで、娘に頼んですぐに計画を立て、出羽三山を
参拝
しに行くことにしました。
 旅行したのが10月でしたので、紅葉が美しく関東圏にはない山の深さを満喫
できました。そして出羽山に参拝してみると…千年以上にもわたって多くの人に
守られ、敬われている
ということが肌で感じられ、大変感銘を受けました。
 ・・・たまには旅行もしてみるものですね。

 これは番外編ですが、このブログも12月で1周年を迎えることができました。
毎回沢山の方に読んでいたき、大変感謝しております。
 来年もより充実した内容で続けていければ…と思っていますので、お気づきの
点ありましたら何なりとコメントを頂戴したいと思います。

 それでは皆様、良い年をお迎え下さい。

  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR