Loading…

#44.ニッカボッカーズ

Posted by KINN Tailor on 26.2011 デザインの話   2 comments   0 trackback
 今日は、前回の「尾錠」の際に登場した「ニッカボッカーズ」について
お話ししましょう。
 1930年頃が時代背景のドラマなどを見ると、ゴルフの際に必ず着用され
ているのがニッカボッカーズです。
 当時はゴルフ場の整備が悪く、足場も良くないことから着用することが
多かったようです。
 私も20年位前まではゴルフ用としてよく作らせて頂きましたが、実際に
使用している方に伺いますと、とてもはき心地の良い楽な物のようです。
 もともとはカントリーウエアですから、ゴルフだけでなく登山をなさる
方などもニッカを愛用されていることが多々あります。
 登山用のニッカとゴルフ用のニッカの違いは、「長さ」です。登山用の
場合
は、出来るだけ丈は短めにして膝のすぐ下のところで絞ります。一方
ゴルフ用は、もう少し長めで太めに作ります。
 オーダーをする際に「膝下○○インチ」という表現をしますが、標準の
形は膝下6インチ
(15㎝)、長い物ですと膝下8インチ(20㎝)で仕立て
ます。
 そしてニッカのデザインは、太さと膝の下の膨らみの量で決まります。
スクリーンショット
 図の×印を膝としますと、丈を長く作った分膝のところで紐で縛った時
膨らみが出て長くなります。
 登山では膨らみや長さは邪魔になるので、ゴルフのようにエレガントな
デザインにはしないのでしょう。
 この8インチの物を別名「プラスフォア」と云い、ゴルフの達人が着用
するニッカとされています。理由は、ゴルフのハンディで一番沢山の場合
が4点、つまり「+4」から来ている呼び名だそうです。
(*標準のニッカより2インチ長く、両足で4インチ=+4だから)
 どうやら私共のお客様は達人が多かったようで、この「プラスフォア」
のご注文もよく頂きました。
 これはその達人から伺ったのですが…ラウンドの後にはクラブハウスで
一杯飲むことがよくあったそうで、その際には服を着替えて出席します。
 その服を「19番ホール用」と呼びならわしているのだそうです。
 ・・・・いかにも紳士のスポーツらしく、お洒落な表現ですね。

  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR