Loading…

#010.ポケット

Posted by KINN Tailor on 31.2011 ジャケットの話   4 comments   0 trackback
 三つ揃いスーツにいくつポケットがあるか数えてみたことはありますか?
ごく一般的な服で考えてみますと、上着の表側に3ケ、裏に3~4ケ、ベスト
の表に4ケ、裏は必ずあるとは限りませんが2ケ、そしてパンツは4ケです
から全部合わせると、14~17ケ以上になるわけです。
 またポケットといっても“玉縁ポケット”、“箱ポケット”、“貼りポケット”
など種類も色々あります。仕事を習い始めると、大概の人がこの“ポケット
作り”に苦労します。
 私も最初はそうでした。ベストなどはポケットが占める割合が多いので、
ポケットができると「あぁ、これで仕事の半分は終わったな…」と思った
ものです。

 さて、先程ポケットの種類をいくつかご紹介しましたが、少し変わった
ポケットでは「チェンジポケット」というのがあります。
 これは、上着の右側のポケットのすぐ上に付けるやや小さめのポケット
で、主に小銭を入れたりします。おつり=Changeが名前の由来ですね。
 実際に小銭を入れるかどうかは別にして、ややスポーティなデザインの
時に使われます。
 ところが面白いことに、イギリス風のジャケットではよく見かけますが、
イタリア風の場合にはほとんど見かけません。
 好みの問題なのか?…イタリア人はわざわざ小銭入れなど作りたくない
のか? 特別な意味があるのかはわかりません。

 この「チェンジポケット」は、モーニングでも使われています。
モーニングは今では昼間の正礼装ですが、ずっと以前は普段着だったので
「チェンジポケット」を付ける場合もあったのでしょう。
 モーニングにはもう一つ面白いポケットが付いています。腰から下のス
カートの部分…後が割れていますね。その割れている部分にポケットが付
いているのです。横から物が入れられるようになっていて、主に手袋を入
れます。
チェンジポケット*

 もう一つ、変わったポケットを紹介しましょう。
「メールポスト」と呼ばれているこのポケットは、大きな布を貼り付けて
その布にポケットの口を作ってフラップを付ける
ものです。
 形から付いた名前のようですが、なかなかユーモアのセンスがあります
ね。このポケットはスポーティなオーバーコート、例えば“ポロコート”など
によく使われています。
メールポスト*

このようにポケットは実用面だけでなく、デザイン的な要素がとても強い
ものなので、オーダーで服を注文される場合は、ちょっとこだわりのある
ポケット
にするのもお勧めです。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR