FC2ブログ
Loading…

#355.Extra-お客様の服 リーロイド

Posted by KINN Tailor on 09.2018 お客様の服   0 comments   0 trackback
 今日ご紹介するスリーピースを注文されたお客様は、多くの人が集まる場
に出席される機会が多く、スピーチなどもよく依頼されるようで、いつも華や
かな印象の生地をお選びになります。
 お好みの生地を一言で表現すると、「さりげなく目立つ生地」…との事で、
このリーロイドスキャバルなどを好まれます。


◇お客様のスリーピース

◎表地:ウーステッド100% (400g)
◎裏地:キュプラ 鮮やかな青系
◎釦 : 水牛


〈正面〉              〈斜め前〉
リーロイド1 リーロイド2
・生地はウィリアム・リーロイド(WILLIAM LEAROYD)社製の少し粗めの
 ハッキリとしたストライプ
・デザインはシングル2ツ釦 ノッチラペル サイドベンツ


〈下から〉              〈横〉
リーロイド3  リーロイド4

〈寄り〉               〈裏地〉
リーロイド5  リーロイド6

 リーロイドを選ばれるもう一つの理由としては、生地の質感にあります。
 リーロイド社は1822年英国で創業され、「世界最高峰の生地」と称された
時代もありました。残念ながら現在はこの会社はありませんが、英国では
まだストックしている所があり、数は限られますが入手は可能です。
 さて、"生地の質感"ですが…ハリのあるしっかりとした生地で、仕立て
た際にラインが綺麗に出やすく身体にフィットするのが特徴といえます。

 この「リーロイド社」については、私も少々思い入れがありますので、次回
改めてご紹介したいと思います。



#351.Extra-お客様の服 カシミアのジャケット

Posted by KINN Tailor on 12.2018 お客様の服   0 comments   0 trackback
 今年最初にお納めした服が、Johnstonsの生地で作ったジャケットでした。
 とても素敵なジャケットでしたので、ご紹介したいと思います。


◇お客様のジャケット

◎表地:カシミア 100% (340g)
◎裏地:キュプラ 赤紫
◎ 釦 : 革 赤茶


〈斜め前〉             〈正面〉               
JS斜め**pg JS正対**
・デザインは、英国のハンツマン(HUNTAMAN)を参考にされました。
 前はお客様お好みの高め&1つ釦。
・ラペルはピーク、ポケットはチェンジ付きのスラントポケット。

〈後ろ〉              〈ネーム タグ〉 
JS後ろ** JSネームタグ**
・サイドベンツ
*Johnstonsは、最近ではマフラーなどの小物の方が多くなって、生地の扱いが
 少ないようですが、生地に関しては英国の伝統的な大きな柄物が多いようです。


〈サンプル生地〉  
JS生地見本**

〈特徴的な袖周り〉 
JS袖**
・袖口には後ろ半分がカーブしたカフ
・袖釦は4つ(3つが本開き)

 この生地を見本の小さいサイズで見た時には、かなり個性的な柄…という
印象でしたが、お客様は大変服に詳しい方で、様々な生地で作られている
経験からか、「小さな生地だと派手そうに見えるけど、ジャケットになったら
それ程でもないでしょう」…と仰られて、この生地を選ばれました。
 でき上がってみると、お客様の仰る通り、とてもお洒落で素敵な柄のジャ
ケットに仕上がりました。

 最近は、無地やストライプ柄を選ばれる方が殆どで、このタイプの柄物を
仕立てる機会がめっきり少なくなりました。
 久し振りでしたが、実に味わい深い仕事をさせて頂いたように思います。

#346. Extra-お客様の服 サンクロスの魅力を活かしたスーツ

Posted by KINN Tailor on 11.2017 お客様の服   0 comments   0 trackback
 今回は、サンクロスを使ったとてもハイセンスなスーツをご紹介します。

 まず、サンクロスについて簡単に説明しますと...
サンクロス生地**
 サンクロスは、英国がインドを統治していた頃に、インドへ派遣された英国
の高官に好まれていた生地です。
 ウールで厚味があるのですが(表面はツルツルしています)、裏面の赤い
色が太陽光線を反射する
力がある・・・という事で用いられていました。
 この赤色がとても綺麗なので、本来は裏面ですが、表地としても使われる
ようになりました。

◇オレンジのスーツとベージュのスーツ
サンクロスオレンジ斜め** サンクロスベージュ正面**
・デザインは普通の三つ揃いですが、写真のようにどちらを表地に設えても
 その光沢が魅力的で、角度によって微妙に色が揺らいで見えます。


◇ベスト
サンクロスベスト**
・デザインはイギリス流。前釦は6個で水牛釦です。
・裏地は、ベージュには赤系、赤にはベージュ系というように相手側の色味
 を持ってきました。


◇パンツ
サンクロスパンツ**
・パンツは釦使用です。サスペンダーで着るデザインになっています。

もともと背の高いお客様でいらっしゃいますが、サスペンダーを使用する事で
ベストを短く
する事ができ、更にバランス良く、スタイリッシュにお召し頂ける
と思います。

#311.Extra-お客様の服 オーストリアの民族衣装

Posted by KINN Tailor on 16.2017 お客様の服   0 comments   0 trackback
 改めまして、明けましておめでとうございます。
 今年最初のブログは、パルトーと前後して昨年末に仕上がったお客様の服
を紹介させて頂きます。

 今回ご紹介するのは、ちょっと珍しい"民族衣装"で、ヨーロッパのアルプス
周辺・・・スイス、オーストリア、イタリア北部の山岳地帯に住んでいた人達
が着ていた、非常に古くから受け継がれているスタイルのジャケットです。
 現在でもその辺りのホテルの人が制服にしていたり、現地の人達がお祭り
の時に着用しているのだそうです。

 この服を作られたお客様は、オーストリアの山案内人のグループのメンバー
として活動されている方で、特に案内人の制服という訳ではないそうですが、
皆さん好まれて着ていらっしゃる…との事。
 2017年、このお客様が役員として、日本の山を案内される事になったので、
この伝統的な衣装を知ってもらおう…と、色違いで3着!新調されました。

◇その壱:紺地に深緑の伝統的な色使い 
オースト紺:緑
・襟とポケットのフチに深緑の生地を用いる事が習慣となっている
 昔ながらのスタイル
・釦は全て鹿の角を削って作られたハンドメイド品
(今回使用した釦は、お客様のご令嬢が海外で求められた物)


◇その弐:紺地に赤のアクセント
オースト紺:赤
・上記と同スタイルで、フチを赤にアレンジ

◇その参:グレー地にゴールドのアクセント
オースト:グレー
・ややゴージャスな印象に
・いずれも裏地には遊び心を入れて、少し派手な色を選択



 伝統と遊び心を同居させ、着る楽しさが伝わって来そうな仕事でした。

#309.Extra-お客様の服 パルトー

Posted by KINN Tailor on 26.2016 お客様の服   0 comments   0 trackback
 今年最後のブログとなります。そこで、「スポーツジャケットの仕立て」
は年明けにじっくりお届けする事にして、先日仕上がった"パルトー"
ご紹介したいと思います。

パルトーイラスト**

 パルトーはフロックオーバーコートの形をしていますが、前身頃の横の
切替線が途中まで
しかありません。胸のダーツのところで特殊な裁断を
して、スカートと繋ぐ
ようになっています。
 つまり、後姿は礼服のフロックオーバーコートですが、前は普通のダブル
のオーバーコートという、面白い形です。
 1900年代半ば頃まで、パルトーは礼装用としてでなく、お洒落なオーバー
としてよく使われていましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。


◇お客様のパルトー

◎表生地:カシミア100%(480g) 黒
◎裏 地:キュプラ 赤
◎ 釦 :水牛

〈正面〉               〈後〉
パルトー正面**  パルトー後正**
正面:カシミヤは柔らかな光沢があり上品な印象
後ろ:後姿はフロックコートと同じ形


〈タンザク〉
パルトー後**
・歩くと、タンザクから鮮やかな色の裏地が覗くのが優雅

〈前の切替線〉           〈後ろ切替線〉
前の切替線**  後ろ切替線 **
・最も大きな特徴が切替線に表れています。

 パルトーの、この特殊な裁断法については、いずれ紹介できれば…
と思っています。

     *   *   *   *   *   *

 今年もブログをお読み頂きましてありがとうございました。お陰様で、10月
300回を超える事ができました。一時は300回を区切りとして終わりとする
事も考えましたが、まだ"服作り"について伝えられる事があるような気がして、
今しばらく続ける事としました。
 今後は技術的な内容が中心になるかと思いますが、引き続き宜しくお願い
致します。

 皆様、良いお年をお迎え下さい。 

  







  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR