Loading…

#359.脚が捻れている場合の製図

Posted by KINN Tailor on 11.2018 製図の話   0 comments   0 trackback
 今回は、O脚に加え "脚が捩れている" 場合の、製図方法とアイロン操作に
ついて説明します。
 「脚の捻れ」は2パターンあります。真っ直ぐに立った時、つま先が内側
を向く「TOE IN」と、外側を向く「TOE OUT」です。
捻れ イラスト1**

 つま先がどの位内側(or外側)に入っているか…をメジャーで計る必要は
ありませんが、採寸の際に大体の見当をつけておきます。
 製図の際には、まず普通の状態(脚が曲がっていない状態)の製図をし、
次につま先が本来の位置からずれている分の修正をします。

捻れ イラスト2**

 イラストからもわかるように、「TOE IN」の場合は前身頃は裾が内側
身頃は裾が外側
に振れるようにします(TOE OUTの場合はこの逆の修正
をする)。つまりパンツの中心線がつま先の向きに合うようにする…という
事になります。

 これにアイロンワークを加え修正していく訳ですが、アイロンをしないと、
ただ裾が内側に捻れているパンツになってしまい、脚が真っ直ぐに見えま
せん。
 前身頃は全体が内側に回るようにアイロンを掛けます。後身頃は、採寸
の際に計った「ふくらはぎの位置」を中心に行うようにします。
 TOE INの場合、ふくらはぎが外側に出ているので、ふくらはぎの所を内
側に追い込み
全体は外側に回るようにアイロンを掛けます。
 TOE OUTの場合は、この逆になりますので、前身頃全体は外側後身頃
全体は内側に回る
ようにアイロンを掛けます。
 ふくらはぎは内側に入って来て目立たなくなりますので、アイロン操作の
必要は特にありません。
捻れ イラスト3**

 私塾の生徒さんで、O脚で悩んでいた人がこの方法で製図してみたところ、
パンツが綺麗に落ちて脚が真っ直ぐに見えるようになった…と、大変驚いて
いました。機会のある方はぜひお試し下さい。


#358.O脚のパンツの製図

Posted by KINN Tailor on 28.2018 製図の話   0 comments   0 trackback
 今回は、「O脚のパンツの製図」について説明します。

 O脚の方の採寸をする際に気を付けるべき事は、単なるO脚なのか、それ
ともそれに加えて脚が捻れているのか…を見なければなりません。
 私の今迄の経験から言いますと、O脚の場合(程度は様々ですが)、脚が
捻れている事が多く、この「捻れ(ねじれ)」に対応した製図をしないと、色々
頑張ってもパンツが綺麗に落ちない…という事になります。

 「捻れ」には2種類あります。
 お客様に真っ直ぐに立って頂いた時に、つま先が内側を向いていてパンツ
の中心線が外側を向いている
・・・、若しくはその逆で、つま先が外側を向い
ていて中心線が内側を向いている
かを判断します。
 O脚か、またはそれに加えて捻れがあった場合は、次の個所も計るように
します。
・O脚の場合は、膝がどの位離れているかを計る
・脚の捻れがある場合は、パンツの丈(外側)を計る時に裾〜ふくらはぎの
 位置迄を計る


O脚の採寸**

*イラストに描いた三角定規は私の父が作った物で、
 今でも使用しています。



 それではまず、O脚で、脚の捻れがない状態の製図を説明します。
O脚製図**

◎製図をする場合は、前身頃の製図に重ねて後身頃を描きますので、前身頃
 だけ図のように修正
すれば良いという事になります。


 次に、この場合のアイロンワークについては、以下の要領になります。
  O脚アイロン**
◎脚が「O型」な訳ですから、アイロンでできるだけパンツが内側に振れるよう
 に持っていきます。


 次回は、O脚に加えて「脚が捻れている場合」について解説します。

〈つづく〉

#345.特殊な体形 その十(最終話)

Posted by KINN Tailor on 27.2017 製図の話   0 comments   0 trackback
 10回に渡り、「背中に特徴のある体形」について、採寸の様子から製図法
について、お話して来ました。

"斜辺裁断"を使う前は、今回のような体形の場合…まず肩と脇の下の高さ
の差で見当を付けてパターンを作成して、後は仮縫いをしながら直していく
しか方法がなかったので、かなり苦労しました。
 斜辺裁断をするようになってからは、採寸をした時に背中の左右の膨らみ
の違いな
ど、細かい寸法がわかるようになったので、仮縫い時に大きな修正
をする事もなくなり、とても助かっています。

 実は今回の方、は10年程前にも一着作っておられるのですが・・・今回久
し振りに採寸し直して一番驚いた事は、肩や背中だけがとても大きくなって
いる事でした(左右の差も大きくなっていました)。
 前回は普段と同じように片側の斜辺だけ計り、後は肩や脇の高さを計って
修正すれば済みましたが、今回はそれでは難しいと判断しました。
 そこで、今回は左右の斜辺を別々に計り初めから左右の差を知った上で
パターンを作成
し、仕事をしましたので、比較的スムーズに進める事ができ
ました。

 また、このような機会がありましたら、紹介していきたいと思います。

▪️背中切り躾                    ▪️ベスト切り躾
背中 切り躾  ベスト 切り躾
・切り躾は、左右両方共入れて、後から片方を抜きました。
・左右並べてみると、高さがかなり違うの事がよくわかります。

▪️パンツ
パンツ
・上半身以外は全く問題ありませんでした。パンツは綺麗に落ちています。

▪️全身正面                     ▪️全身 後
全身正面 全身後2
・実際の体形に比べて服を着た方が、左右の差がわかりにくくなっていると
 思います。
・着て頂いて、服が身体に馴染んで来ると、更に着やすくなると思われます。

     *   *   *   *   *   *

 体形によるパターンの修正の仕方など、ご質問がありましたらメールにて
ご連絡下さい。お待ちしています。



#344.特殊な体形について その九

Posted by KINN Tailor on 13.2017 製図の話   0 comments   0 trackback
 今週は、前身頃の製図について説明します。

 後身頃のB、W、H、L線をそれぞれ延長して、次のように製図します。
 
図A

・後身B~1=B/2 D=Bからブレード寸法(アームホール前の位置)
・4=Bから胸囲1/2  5=4から5cm(前身頃の前中心)
・21=胸幅D~5の中心 23=腹幅20~22の中心
・23~21を結び延長線上にDから前肩寸法を計りNPを描く
・NP~24=前身肩幅

 この製図は、この方の左側の前身頃になります。これに右側の修正を加え
ていきます。

 後身頃は、背中心線の歪みもありましたので、別々に製図をしましたが、
前身頃はこの左前の製図に(下図のように)修正を加えるだけで済みました。

図B
 まず、右胸が左よりも2.5cm下がっていますので、B線をB‘まで下げ、ポイント1、
Dも1’、D‘に移動させます。そこからNPを計りますので、NP‘はNPよりも2.5cm低く
なり、肩のラインも下がり、顎ぐりは短くなります。
 ここで注意すべき事は、肩の高さや顎ぐりが左右で極端に違っていても、
ラペルは前から見た時に左右同じ高さでなければなりません。その為には、
襟の製図でも調整が必要になります。その製図がこちらです。
図C
 このように、襟は左右別々に製図をします。
 アイロンワークの際には、右襟が短いので、クセを取るのが少々大変に
なります。

 実際の型紙です。右と左の顎ぐりのラインも微妙に違っています。
襟1

襟2


〈つづく〉

#343.特殊な体形について その8

Posted by KINN Tailor on 30.2017 製図の話   0 comments   0 trackback
 今回から、製図について説明していきたいと思います。

 まず最初に、一般的な体形の方の、斜辺裁断を使った後身頃の製図を説明
します。

【図 A】
図A**
・O=起点 O~B=鎌深 N~W=背丈 N~L=上着丈 
・B~2=ブレード寸法の1/2 2~3=3.5cm
 ここで、斜辺寸法を使って背の製図をします。
・B~Z=底辺 Z~N=内側斜辺 Z~S=外側高さ B~S外側斜辺 
・N~6=B/8 6~7=2cm 7~8=N~7の1/3
 これで後身頃の肩周りの製図ができます。
 一般的な体形の方はこのように製図をして、そのパターンを使って左右同
じ形になるように裁断します。
 また、どちらか片方の肩が下がっている場合は、この基本的な製図に補正
を施します。

【一般的な補正】
補正**
 例えば…右肩下がりだったとしますと、普通は7~8mm程度、多い時で
1cm位を図のように下げ、下げた分だけアームホールを深くします。
 ところが、この方の場合は左右差がとても大きいので、補正という範囲で
は上手くいかないと思い、後身頃と襟の製図を左右別々に行う事にしました。

【図 B】
図B**
 まず左の後身頃を描きます。
 それを元にして右側を描いていきます。
①採寸の際に脇の周りにテープを巻いて、脇の高さがどれ位違うかを計って
 みました。すると、右の脇が2.5cm下がっていましたので、Zを2.5cm下げてZ′
 とします。
②それに伴い、Bを2.5cmの半分の量1.25cm下げてB' とします。
 (ZとZ' は繋がっている線なので、その中間点であるBも下げてB' とする)
③B' とZ' を結び、その線を斜辺寸法の底辺として、背中の製図をします。
④すると、NはN' となり、B' と結ぶとかなりカーブした線になります。
⑤襟ミツ、肩の線も図のように右に下がります。
⑥脇の長さは左右違いますが、それ以外のB線(胸のライン)より下は左右
 同じに製図します。

 右側の背中がかなり強いカーブになっていますが、左側の背中に合わせて
縫い合わせ
アイロンをかければ、つれたりする事なく綺麗に仕上がります。

 次回は、前身頃襟の製図の説明をします。

〈つづく〉
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR