Loading…

#344.特殊な体形について その九

Posted by KINN Tailor on 13.2017 製図の話   0 comments   0 trackback
 今週は、前身頃の製図について説明します。

 後身頃のB、W、H、L線をそれぞれ延長して、次のように製図します。
 
図A

・後身B~1=B/2 D=Bからブレード寸法(アームホール前の位置)
・4=Bから胸囲1/2  5=4から5cm(前身頃の前中心)
・21=胸幅D~5の中心 23=腹幅20~22の中心
・23~21を結び延長線上にDから前肩寸法を計りNPを描く
・NP~24=前身肩幅

 この製図は、この方の左側の前身頃になります。これに右側の修正を加え
ていきます。

 後身頃は、背中心線の歪みもありましたので、別々に製図をしましたが、
前身頃はこの左前の製図に(下図のように)修正を加えるだけで済みました。

図B
 まず、右胸が左よりも2.5cm下がっていますので、B線をB‘まで下げ、ポイント1、
Dも1’、D‘に移動させます。そこからNPを計りますので、NP‘はNPよりも2.5cm低く
なり、肩のラインも下がり、顎ぐりは短くなります。
 ここで注意すべき事は、肩の高さや顎ぐりが左右で極端に違っていても、
ラペルは前から見た時に左右同じ高さでなければなりません。その為には、
襟の製図でも調整が必要になります。その製図がこちらです。
図C
 このように、襟は左右別々に製図をします。
 アイロンワークの際には、右襟が短いので、クセを取るのが少々大変に
なります。

 実際の型紙です。右と左の顎ぐりのラインも微妙に違っています。
襟1

襟2


〈つづく〉

#343.特殊な体形について その8

Posted by KINN Tailor on 30.2017 製図の話   0 comments   0 trackback
 今回から、製図について説明していきたいと思います。

 まず最初に、一般的な体形の方の、斜辺裁断を使った後身頃の製図を説明
します。

【図 A】
図A**
・O=起点 O~B=鎌深 N~W=背丈 N~L=上着丈 
・B~2=ブレード寸法の1/2 2~3=3.5cm
 ここで、斜辺寸法を使って背の製図をします。
・B~Z=底辺 Z~N=内側斜辺 Z~S=外側高さ B~S外側斜辺 
・N~6=B/8 6~7=2cm 7~8=N~7の1/3
 これで後身頃の肩周りの製図ができます。
 一般的な体形の方はこのように製図をして、そのパターンを使って左右同
じ形になるように裁断します。
 また、どちらか片方の肩が下がっている場合は、この基本的な製図に補正
を施します。

【一般的な補正】
補正**
 例えば…右肩下がりだったとしますと、普通は7~8mm程度、多い時で
1cm位を図のように下げ、下げた分だけアームホールを深くします。
 ところが、この方の場合は左右差がとても大きいので、補正という範囲で
は上手くいかないと思い、後身頃と襟の製図を左右別々に行う事にしました。

【図 B】
図B**
 まず左の後身頃を描きます。
 それを元にして右側を描いていきます。
①採寸の際に脇の周りにテープを巻いて、脇の高さがどれ位違うかを計って
 みました。すると、右の脇が2.5cm下がっていましたので、Zを2.5cm下げてZ′
 とします。
②それに伴い、Bを2.5cmの半分の量1.25cm下げてB' とします。
 (ZとZ' は繋がっている線なので、その中間点であるBも下げてB' とする)
③B' とZ' を結び、その線を斜辺寸法の底辺として、背中の製図をします。
④すると、NはN' となり、B' と結ぶとかなりカーブした線になります。
⑤襟ミツ、肩の線も図のように右に下がります。
⑥脇の長さは左右違いますが、それ以外のB線(胸のライン)より下は左右
 同じに製図します。

 右側の背中がかなり強いカーブになっていますが、左側の背中に合わせて
縫い合わせ
アイロンをかければ、つれたりする事なく綺麗に仕上がります。

 次回は、前身頃襟の製図の説明をします。

〈つづく〉

#180.製図本への質問① パンツ後身について

Posted by KINN Tailor on 26.2014 製図の話   0 comments   0 trackback
 先日、製図本をご購入頂いた方からご質問を頂きました。製図本では説明
しきれない所もあると思うのですが、自分ではどこが足りないかがなかなか
わからない事もあります。今回のようにご質問を頂戴すると、私自身も大変
勉強になり助かります。
 早速ご質問の内容と説明を致しましょう。

      *   *   *   *   *   *

①後身のダーツはどこから取るのか?
→通常後身のダーツ量は(H寸-W寸)÷4で割り出し、これを1本のダーツ
 にするか2本のダーツに分けて取るかを決めます。
→ダーツの位置は腰のラインから直角にポケットに隠れるように取ります。
(多くの場合は2~2.5cm幅で2本、ダーツの長さは約10cm)

②後身の尻グリのラインがイラストのポイント20の下側を通る場合と上側
 を通る場合があるが、どちらが良いのか?

*この尻グリのラインの描き方は大変難しいかも知れません。見た目だけで
 なく履き心地に大きく影響する所だからです。
→まず一番大切な事は、股下の長さを正しく計る…という事です。
 この方法は既に実践されている方も多いと思いますが、足の間に物差しの
 ような物を入れて、できるだけ上に上げ、その上の端から床上までの寸法
 を計ります
。次にそこから靴の状態を見て、靴の厚さを引きます
 このようにして、股下を正確に計る事ができれば、基礎線Hを正しい位置
 に描くことができます。
→次にクリを描く時にポイント20のどこを通るか…という問題は、お尻が
 下がっている場合は20の下を、上がっている場合は20の上を通るように
 します。
 また最近では少なくなってきましたが、股上が浅いパンツの場合、尻クリ
 を深く
しないと座った時にパンツの後が下がってきてしまい、見た目も履
 き心地も悪くなりますので注意が必要です。




 この質問をして下さった方は、DVDの「パターン作成パンツ編」もお求め
頂いているのですが、今回メールを頂いて初めて、添付資料にミスがあった
事がわかりました。お持ちの方は誠に恐縮ですが、訂正をお願い致します

 イラストではポイント19から25が直線で結ばれていますが、本来その途中
にあるべき24が仕上がり線(外側のカーブ線)の上にあり、これは私の表記
ミスでした。

 描き順としては…ポイント4から4cm計って24とし、1924を直線で結び
基礎線Oとの接点を25とします。その後19から25を図のようなカーブにして
仕上げます。

修正いらすと

      *   *   *   *   *   *

 本を発売してからかなり時間が経ってしまい、大変失礼を致しました。 

#141.縫い代の話

Posted by KINN Tailor on 12.2013 製図の話   0 comments   0 trackback
 セミナーで「製図」をテーマにすると、必ず問題になることがあります。
 それは「縫い代」です。製図をする際、紳士服と婦人服とでは縫い代の
扱い方が違う事が原因のようです。更に、最近では紳士服でも婦人服のよう
に製図をする所があるそうですので、もしかすると知らない方の方が多いの
かも知れません。
 先日もパンツの製図についてセミナーを実施したのですが、やはり「縫い
代」についてのご質問を頂きました。同時に「ゆとり(緩み)」「縫い込
み」
についても質問があったのですが、どうもこの辺りがややこしく、解り
づらい所のようです。
 そこで、今回は縫い代について、少しご説明したいと思います。

 まず、婦人服(一部紳士服)の場合、製図をする際は、全て仕上がり線で
描いていきます。つまり、仕上がり線に縫い代を足して、裁断をすることに
なります。
 一方紳士服は、仕上がり線で描く箇所裁ち切り線で描く箇所とがあり、
裁ち切り線の所には縫い代分(一般的には7mm)内側を縫って仕上げます。

縫い代**

 紳士服の縫製をした事がある方ならば、すぐに理解できると思うのですが、
そうでないとなかなか馴染みにくいものかも知れません。

 製図をする際に理解しにくいのがパンツです。パンツの前身を描く時には
縫い代分は加えて描きません。でも脇と内股の線は裁ち切り線ですからこの
線で裁断をして、7mm内側を縫います。そうすると前身の脇、内股の縫い代
分、つまり2縫い代分小さく仕上がる事になります。
 パンツは人間の体型や運動量から考えると、後身が大きい方が良い筈です。
そこで後身を描く時に、前身で小さくなった縫い代分を後身で取るようにし
ます。「○○に4縫い代分足す」(前身2縫い代+後身2縫い代)という箇所が
出て来ます。
 製図法によっては、この4縫い代を、後身の脇と内股に分けて2縫い代分
ずつ取るやり方があり、この方が分かり易いのかも知れません。
 私の場合、英・米国式の製図法なので内股の裾と膝で4縫い代分加えます
これですと内股側だけ加えるのでバランスが悪いのでは?…と思われるかも
知れませんが、この製図法の方がお尻のクリのポイントが取り易かったので
このやり方を採用しています。

 同じような例で胴囲の縫い代があります。この場合も前身の2縫い代分と
後身の1縫い代分(後身のお尻のクリは仕上がり線ですから、後から縫い代
+縫い込みを取るので不要)を足した3縫い代を、後身の脇で取るといった
具合です。
 この製図法と紳士服の裁ち切り線の問題が一緒になってしまうと、随分と
解りにくい事になってしまうようです。

 次回は、「ゆとり」「縫い込み」について説明したいと思います。
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR