Loading…

#323.スポーツジャケットの仕立て その十九

Posted by KINN Tailor on 10.2017 ジャケットの話   1 comments   0 trackback
 さて今回は、襟の型紙を作ります。

①襟、肩まわり以外の裏地を始末する
1裏地の始末
・裾を上げ、裏地の脇と裾を縫い付けます。

②身頃の形を写す
2見頃の形を移す
・襟の形とアゴグリをチョークでなぞり、形をハッキリさせます。
・ネックポイントに印を付けて、返り線の延長線からネックポイント迄を
 計っておきます。

2見頃の形2
・チョークで描いた線を、目打ちを使って紙に写します。
・それを鉛筆でなぞります。


③襟の型紙を作る
3襟の型紙
・返り線を延長し、襟止まりの位置を確認して印を付けます。
3襟の型紙2
・その印にプルダウンする量を加えます。
・後中心の幅を描きます。
・襟の外側を描きます。
・首の後ろ側になる箇所を直線で描きます。

3襟の型紙3
      3襟の型紙4
・肩の辺りはカーブで描きます。
・全体の形を整えます。
・型紙が仕上がりました。


襟の型紙の起こし方については、「服部晋の製図」(製図本)でも詳しく
 説明しています。

④芯とカラーロスを準備する
4芯とカラーロス
・型紙を切り取ます。
・芯をカットします。

4芯と…2
・芯をテープでつなぎ、カラークロスに仮止めします。
・折り返し線にミシンを掛けて、余分なクロスをカットします。
・この時に、下側に少しだけ(2mm位)クロスが見えるようにして切ります。
*上側は上襟が掛かりますので、芯と同じ長さで良いのですが、下側は
 カラークロスを直接身頃に縫い付けるので、芯が見える事がないように
 するためです。


 次回は、いよいよ身頃に襟を付けます。

〈つづく〉

でこ様
ブログをお読み頂きありがとうございます。
昨日見て頂いたブログは、不具合により表示されていたものでした。
大変失礼しました。
本来のものは、今週分のブログになります。
宜しくお願い致します。
2017.04.14 15:33 | URL | 服部 晋 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kinntailor.blog98.fc2.com/tb.php/436-68028747

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR