FC2ブログ
Loading…

#400.カヴァーツの話

Posted by KINN Tailor on 13.2020 生地の話   0 comments   0 trackback
 皆様、明けましておめでとうございます
 今年もブログを読んで頂き、ありがとうございます。
 本ブログも今回でちょうど400回になります。一時は300回を目途にやめ
よう…と思っていたのですが、何となく400回に辿り着きました。
 以前よりは回数が減り気味ですが、思いついた事や仕立ての風景などを、
今年もご紹介できれば…と思っています。

 今年最初の話は、久し振りに使用した生地「Covert Coating (カヴァーツ
コーティング)」についてです。
 私共が作る洋服生地の主力は、何といっても「Wool (ウール)」です。
一言で「ウール」と言っても、用途に応じで様々な工夫がなされています。
 その昔は機能性よりは丈夫さを重視していましたし、技術的な問題もあり、
今よりはずっと厚く重たい生地が中心でした。その内に、だんだんと柔らか
い物
軽い物などが流通し始めました。
 現在では丈夫さは考えず、デザイン重視の極薄の生地も出回っています。
 どのような生地を選ぶかは勿論お客様の好みですが、最近の傾向として
は、やはり柔らかく軽めの生地が好まれているようです。
 ただ昔ながらの厚手の生地も人気が復活しつつあるようで、私共の一部の
お客様からも、しばしばご注文を頂きます。
 厚手の生地の優れているところは、摩擦に強くシワになりにくい、そして
保温力があるという事です。こういった生地は主にオーバーコートレイン
コート
などに使用される事が多いのですが、その内の一つが「Covert」です。

 縦糸は梳毛糸(そもういと:長い毛だけを櫛で抜いた物)を使って強さを
出し、比較的角度の強い綾目になるように織ってあるのが特徴です。表に
ケバが無い仕上がりになっています。

 昨年末、あるお客様が「雨に強い生地」での仕立てをご希望されました。
早速生地屋さんに相談したところ、珍しく Covert が見つかりました。お客
様にも大変気に入って頂き、色違いでパンツを2本ご注文頂きました。海外
旅行でお使いになる…との事でしたので、シワになりにくい点もお気に召さ
れたのだろうと思います。

 仕上がった物をご紹介したかったのですが、ご注文から納品まであまり日
がなかったもので・・・今回は生地だけをご覧頂きます。

写真左:ロゴ  右:生地(左側が表)
ロゴ**  左側が表**

●仮縫いの様子
仮縫い中**

 久し振りに Covert を仕立てる事ができ、懐かしく・・改めて厚手の生地
いいなぁ…と思った次第です。

 改めまして、本年も宜しくお願い致します

#399.新年を迎え

Posted by KINN Tailor on 01.2020 特別な話   1 comments   0 trackback
ブロ賀状20

#398.白いドレスベストの話 最終話

Posted by KINN Tailor on 23.2019 礼服の話   0 comments   0 trackback
 引き続きドレスベストの作成工程を解説します。
 今回は、襟付けから仕上げまでです。
 一般的なベストにも襟を付ける事はありますが、ドレスベストの襟は少し
違っています。ドレスベストは前が大きく開いている為、襟が長く釦の
すぐ上まである
のが特徴です。

ドレスベスト3**

 一番左が襟ですが、この「バチ型」は襟の下の幅が広い為、裏を始末する
時に、釦に掛からないようにしなければなりません。
 イラストの返り線から右側が表に出る・・襟になる部分ですので、こちらを
先に仕上げます。それを身頃に載せ、見返しを折り、(写真右のように)鋭角
に折り曲げて
始末します。

 それでは、襟付けから仕上げまでの工程をご覧下さい。

4)襟を付ける
 ⑩表地に裏地を重ね、襟を縫います。
 ⑪襟を身頃に載せ、仮止めします。
白V10-11

5)裏の始末をする
 ⑫見返しを返し、余分な裏地をカットします。
 ⑬見返しを折って、まつります。
 ⑭襟が付きました。バチ型は一番下の所をループで身頃に止めます。
白V12-14

6)釦を付ける準備をする
 ⑮ドレスベストの釦は、取り外しができるように特殊な形をしています。
  釦の裏側にリングが付いている為、それが当たらないように比翼を
  付けます。
 ⑯釦用に丸いホールを開けて、かがります。
 ⑰比翼の内側は写真右のようになっています。
白V15-17

7)完成させる
 ⑱下前側に釦が付きました。
 ⑲上前側はいつもと同じ釦ホールを開けます。
 ⑳背中を付けて、完成です。
白V18-20

 今回は写真が少なく、後半は駆け足での解説になってしまいましたが、
 ドレスベストは襟と釦に特徴がありますので、そこをご覧頂ければ…
と思いました。

     *   *   *   *   *   *

 さて、早いもので今年(2019年)もあと僅かとなりました。
 今年もブログをお読み頂きまして、ありがとうございました。
 どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さい。

#397.白いドレスベストの話 その弐

Posted by KINN Tailor on 09.2019 礼服の話   0 comments   0 trackback
 今週から、ドレスベストの作成工程を解説します。
 素材が全て白なので、写真の説明ではわかり難いかと思いますので、まず
下のイラストをご覧下さい。基本デザイン、芯地・裏地の素材などを記します。
素材説明

【製作手順】

1)裁断をする
 ①まず、型紙を使い裁断をします。
 ②前身頃と襟(表地)。
 ③後身頃(裏地) 後身頃は重ねて使うので、2枚裁断します。
白V1_3

2)前身頃を作る
 ④ダーツを取ります。
 ⑤次に、ポケットを作ります。 口布は表地、袋は裏地を使います。
 ⑥芯に前身頃を乗せ、仮り止めします。
白V4_6

3)身返しを据える
 ⑦釦を付ける所をしっかりさせる為に、別布を付けます。
 ⑧別布と一緒に、前の端と裾に付いている縫い代を折り返します。
 ⑨身返しが返りました。
白V7_9
*襟が付く所は斜めになっていて、生地が伸びやすいので気を付けます。
 伸びると身体から浮いてしまい、綺麗に収まりません。
 生地が柔らかい場合は、テープを貼って伸びるのを防ぎます。
 

 次回は、襟付け作業から先を解説します。

〈つづく〉

#396.白いドレスベストの話 その壱

Posted by KINN Tailor on 25.2019 礼服の話   0 comments   0 trackback
 今年は「陛下のご即位」という大きな行事があったため、燕尾服をお召し
になった方々を多く拝見する事ができました。
 燕尾服の特徴は(先日:#391で、生徒さんが作った燕尾服をご紹介しまし
たので、形はそちらも参考になさって下さい)、ジャケットの前がダブルの
ようなデザインで、脇は短く長いスカートが付いています。このジャケット
の前は止めずに着用しますので、常にベストが見えている訳です。
 燕尾服の時は、「白のドレスベスト」に「白の蝶ネクタイ」と決まってい
ますが、この「白のドレスベスト」には特徴があり、作り方も一般的なベスト
とは違いますので、今回はそのお話をしたいと思います。

 まず素材ですが、綿を使用します。比較的多く選ばれるのが、綿で
細かい織柄がある「ピケ」と呼ばれる物です。
 次にデザインですが、シングルで前の釦は少なく 3~4個。そして、何と
言っても特徴はです。
 通常、礼服のベストに衿を付ける場合は、ジャケットと同じような(剣
衿が多い)形をしていますが、ドレスベストの場合は、衿が分かれていない
・・下図のような形をしています。
白ドレスベスト

 そして、もう一つの特徴が、です。
 白い生地で汚れやすいため、洗濯をする必要があるので、前ボタンは取り
外しができる
ようになっています。
ドレベ釦

 この…取り外しができるためか?、最初からそうだったのか?・・は定か
ではありませんが、カフスと同じように宝石を使用している物もあります。
 写真は白蝶貝ですが、この白蝶貝の中心に真珠やダイヤモンド(!)を
使用した物もあります。
 ご覧のように、釦の脚の所に金属が付いていて、その先にリングが付い
ています。普段はあまり見ない…変わった形の釦です。そのため、ベストの
下前側の釦を付ける所も特殊な作り方をします。

 次回はそのあたりも含め、ドレスベストを作っている様子を見て頂きたい
と思います。
ドレベ縫う

〈つづく〉
  

プロフィール

KINN Tailor

Author:KINN Tailor
服部晋(はっとり すすむ)
金洋服店 2代目店主
10代半ばから父・金生に師事し、洋服作りを修業。
伝統的な裁断・縫製技術を磨きながら日々研究を重ね「斜面裁断」や「プルダウン」など独自の技法を開発。
近年では後進指導のための私塾やセミナーなどを開催する一方で、技術継承のためにDVD制作にも積極的に取り組んでいる。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR